【レンタル服】ママ友の世界をレンタル服で乗り切る

入園後に待ち受ける世界

ママ友の世界

これ・・・仕方ないんです。

その人が良い人だとか悪い人だとか
友達付き合いが苦手だとか得意だとか
残念ながら関係ないんです。

関係なく押し寄せてくるものなんです。

私もママ友の世界が嫌で
出産はおろか
結婚も躊躇していたくらいです。

しかしなんとか極力ストレスを抑えて
乗り越える術を考えたので
ご縁のある方にはお伝えしたいと思い
記事にしました。

ママ友の世界が独特なわけ


経験ありませんか?

中学生の時とか
何も悪いことをしていないのに
仲良かったと思っていた人から突然無視されたり。

残念ながら女というのは
そういう生き物なんです。

なぜかというと
元々女は家を守るという気質であること。

そもそも男女では脳の作りから異なるわけですが
女は一度に多数の情報を得ることが出来るということが長所であり
右脳と左脳から同時に情報を得ることも出来ます。

そうなると
たまに右脳と左脳の情報が混ざって
勝手に自分に不利な情報として
処理してしまうことがあるのです。

困ったもんです。

勝手に自分に不利な情報として捉えて
関係ない人まで巻き込んでしまう気質を
元々持っているということなんです。

巻き込まれたほうは
たまんないですが
女なら誰でも持っている気質というなら
諦めるしかないです(涙)

そんな人たちが
一挙にあつまれば
そりゃ変な事件も起きますわ。

だから何もしていないのに
(相手はされたと思い込んで)
突然無視されたりするんです。

幼稚園は
ほとんどのご家庭が
ママが関わっていくことになりますから
自然とママ友の世界が出来あがって
何やら変なことになってしまうんですね。

女の気質


女が複数人集まると
本当にろくなことにならないんですが
弱い女ほど
群れをなして
誰かを仲間外れにして
それを共有することで
一体感を得る
という方法に走ります。

それはなぜかというと
『簡単だから』
なんですね。

ひどーい

と思うかもしれませんが
高確率でどこにでもある話です。

誰かが大声をあげて

『やーめた』

って言えば解散になることもありますが
だいたいのママが
自分が次のターゲットになるのが怖いから
賛同してしまうんです。

不本意ながらも流されていく・・・

大事な子供を守るための情報源も大事ですからね。

こうしてママ友の世界は作られていきます。

これは子供が高校生くらいになるまで
続くことが多いようです。

群れとは関わらないという勇気があれば
一番良いのですが
ない人がほとんどではないでしょうか。

もうそこは子育てにはつきものだと割り切って
なんとか平和に乗り切りたいですね。

お悩みがあれば気軽にメッセージくださいね。

違う世界の人と話すことで
違い世界が見えるかもしれません。

幼稚園に行くときはどんな服装が良い?


ターゲットにならないようにするには
清潔感

これ、まず実践してほしいです。

やはり貧乏っぽかったり
不潔な感じだと
ターゲットになりやすいのかな、って思います。

かといって
煌びやかすぎても
派手すぎても浮きますね・・・

貧乏っぽいとか
不潔っぽいのがダメな理由は
中学生の時のターゲットを
思い浮かべると
なんとなく分かると思います。

そして中学生と違ってママは
イケてるすぎもダメ。

しかしクローゼットをあけても
自分のキャパ以上のものは入ってないんですけど(笑)

では買ってこようと思いますが
それでもどんなものが無難か全く分かりません。

そんな時に出会ったのが
服のレンタルサービス!!!

超絶オススメです。

スタイリストが
『幼稚園ママにふさわしい服装』
スタイリングして送ってくれるんです。

しかも忙しいママに嬉しいのが
洗濯不要
送り返すだけなんです。

超便利~♪

幼稚園に着ていく服は
もう迷わない!!!

●KAYO超絶オススメ『Rcawaii』


●骨格タイプ診断が出来る『EDIST. CLOSET』


●国内最大級『airCloset エアークローゼット』


買うよりお得なのも
主婦に嬉しいところですね。

メイクと髪型


私の経験上
メイクは薄めが良いとは思いますが
メイク自体が苦手な人も多いと思うので
ここは思い切ってすっぴんでも良いと思うんです。

初めからすっぴんなら
すっぴんも恥ずかしくない。

たまに化粧をするから
すっぴんが恥ずかしいんであって・・・(笑)

すっぴんでも
顏を洗って
まつ毛をビューラーであげるくらいで
なんとかなります。

問題は髪型です。

産後に髪質が変わって
ぼさぼさのママって多いですよね。

私も産後につき
現在ハゲ散らかし中です(涙)

というかハゲ止まって?
一気に抜けた毛髪が
一気に生えてきているところです。

ここをきちんととかして
いも毛?って言うの?
ぴんぴん立っている毛を
ワックスやムースなどで押さえます。

手を加えている感を出すだけで変わります。

ハゲ散らかし中の私は
前髪がライオンみたいになっているのと
ロングなのに縛ると
生え初めの毛束の襟足が
ショートカットみたいになるので
そこはハードスプレーで全力で上に向かって撫でます。

こうやってすっぴんでも
髪の毛を整えるだけで
清潔感を出せるので
試してみてください。

凝った髪型をする必要はなく
遅れ毛処理をすることで
印象は随分変わると思います。

子どものためにも疲れたママは嫌だし
自分の気持ちもシャンとする気がします^^

言動に気を付ける

余計なことは言わない

もうこれに尽きます。

私も口で失敗してきたタイプなんで(爆)
勉強しました。

必要なこと以外は言わない。

もう本当に徹底した方がいいです。

友達じゃないですから
過去のこととか暴露する必要もないですし。

(これ、仲良くなったと思ってやってしまって
後悔している私です。トホホ)

ランチ会も
情報源としては行っても良いと思いますが
楽しく人の話をうんうんと聞いているだけに
徹しておく。

下手なことを言って
ターゲットにされたら
面倒ですからね。

全力で気を付けましょう!!!

(と、自分に言い聞かせるw)

それでも
この人たちは良い人かも!って
思ってしまうんですよね。

私も基本的に人が好きなんで
何回もやらかしては反省しています。

しかし世界は広いですよ。

幼稚園だけではないです。

人生の一部に過ぎないところに
全力を注ぐ必要はないです。

まとめ

書いていて思いましたが
ママ友の世界は本当に面倒極まりないですね。

しかし子供を持ったら
仕方ないことなんです。

女子高再び~みたいな感じです。

私は共学でしたが
中学にして女の世界というものを見て
死んだ魚のようなというか
お手上げ状態で毎日白目むいていました。

この時に
『学校に行かなくていい』
と手を差し伸べてくれる大人が居たら
どんなに救われたことか・・・

とにかく義務教育は
歯を食いしばって食らいついて行くものだと思い込んでいましたが
行かない選択もあるんだと
HSCの子供を持って悟りました。

学校が全てではない。

闘うものではない。

その学校だけが
行くべき学校ではない。(他にも学校は沢山ある)

そしてそんな女の世界を再び見ることになり
私はここから脱却したいと
とにかく稼いで
海外移住を、とも考えましたが
思いとどまっていることには理由があります。

教育面では日本は素晴らしい国ということ。

そして余談ですが
日本のパスポートも世界一です。

日本にいれば
沢山の国に旅行が出来ます。

(他の国のパスポートでは
ビザが下りる国の数が格段に少なくなります)

あとは経済的に豊かになって

そんな小さな世界にこだわらない

という方法があります。

これが一番ですかね。

大事なのでもう一度言います。

そんな小さな世界にこだわらない

お休みの日は
幼稚園のお友達と遊ぶのではなく
ディズニーランドへ行くとか
うちの子は大人と遊んでいるほうが楽しいようです。

家庭教育が一番大切だと思っています。

子供が巣立つのは早いですからね。

今しか出来ないこと
沢山しましょう!!!

長期休暇は海外に居たりもします。

お金が解決することも
あるかもしれませんね。

稼ぐことで
人生を変えたいと思う方は
メッセージください^^