【二児の母】私が自然派育児ママになったわけ

こちらの記事の閲覧に関しまして

【お願い】
かなり個人的な感覚、感情で書いた記事ですので
批判、反対意見はあって然りです。

自然派というのは
どうしても多くの方を敵に回さなければいけない使命を持ち合わせています。

ということで
こちらはマイノリティー的な記事になりますので
趣旨に合わないようでしたら
それ以上お読みになるのはお控えください。

宜しくお願い致します。

自然派整骨院との出会い


小学生の時に骨折をして
たまたま行った整骨院が
『自然治癒力を高める』方針の先生でした。

そこでなぜか母が事務にスカウトされて(笑)

自然派先生との付き合いが始まりました。

付き合いって男女のではなくて
先生、患者としてですよ(笑)

今では何か怪我をしたわけでもない時も
体の調子を診てもらうべく
定期的に通っています。

定期的に通っているのに
毎回何かと体の調子は崩れています。

今の世の中は
息を吸っているだけでも
悪いものを吸い込んでいそうです。

しかし生きる活力には
多少のストレスも必要だ、と先生はおっしゃいますが
現代は本当に無くてもいいストレスが多いと思いませんか。

何よりもストレスなのは
自然派の人間が生きにくいということですけどね(笑)

日本はメディアや陰の力が大きすぎます。

もっと多くの人に真実を知って欲しい、と思いますが
それでは世の中が回らなくなってしまうので
私とご縁のあった人だけ
本当のことを知って欲しいと思っています。

本能的に自然派のママになる


私の母は70歳を超えていますが
家族の中で一番、体が丈夫です。

田舎に住んでいますので
野菜はお庭で採れた無農薬野菜ですし
何よりも素晴らしいのは
風邪は寝て治すところです。

みなさん、風邪の意味ってご存知ですか?

風邪の菌により鼻水が出る~
せきが出る~、熱が出る~と思っていたら
半分は間違いです。

鼻水が出るのは
体の悪いものを出そうとしている自己治癒力なんです。

せきが出るのも、熱が出るのも
体の防御反応です。

そうして風邪菌を外へ出そうとしているうちに
体の悪いところまで調子を整えてしまうのが
本来人間が持っている力なんです。

99%くらいの人はこれを分かっていないので
病院へ行き、風邪薬を飲むのです。

風は風邪薬を飲まないと治らない!!!くらいに思っている人も多いですね。

私に言わせれば
風邪ごときで病院へ行くなんて
かえって変な菌まで
もらって帰ってくるイメージです。

せっかく体が悪いものを外へ出そうとしているのに
風邪薬を飲んで
症状を止めてしまえば
体に変な菌が残るだけではなく
調子を整える機能まで止めてしまうので
いつまでも体は調子が悪く
何年もかけて蝕み、いずれは
ガン化されたり
大病を患う結果になりかねません。

風邪はデトックスと考え
あったかくして
食べ過ぎずに
(消化より、治すほうにエネルギーを使う)
寝て治すのが一番です。

日ごろたまったものも
風邪と一緒に出してしまいましょう。

姉がインフルエンザを自然治癒で治した

姉のほうが自然派の一歩先を行っていたとき
インフルエンザを寝て治しました。

まだ知識の浅い私も驚きましたので
この記事を読んで下さっているあなたは
さぞ驚くでしょう。

『発症から48時間以内でないと薬が効かない』
などと言われていますから
早く検査して薬を飲まなくては!!!

と思っていませんか?

もともとインフルエンザなんて
風邪菌の一種です。

昔は重い風邪くらいにしか捉えられてませんでしたが
今は何種類もある風邪菌の中で
特定出来てしまうものであるがために
予防接種や治療薬という名のお金儲けに
あなたは一役買っているだけなのです。

こんなことを書くと
アカウントを止められてしまうかもしれないので
やんわりと書きますが
予防接種は然程意味がないとも言われています。

現に今年のお正月は
一家でインフルエンザで倒れましたが
予防接種をしている二人までも
インフルエンザにしっかりとかかりました。

しかも打っていない人より症状がグズグズと長引きましたから
来年からは打たないと言っています(笑)

なぜ一家でかかったか?

インフルエンザの感染力が強いことは否定出来ませんが
うちに一人赤ちゃんが生まれたばかりで
全員が寝不足と気疲れで弱っていたのです。

もちろん生後1か月の赤ちゃんも
一緒にかかりましたが
薬も飲めませんから
病院に行っても
インフルエンザはカプセルが飲める歳になるまでの子供に
薬は出ません。

ということは
病院側も
『薬を飲まなくても治る』
と言っているようなもんです。

それよりも
一家インフル倒れの年は
お正月らしいことを一切せずに
なんだかとってもいいお正月でした。

しかもインフルエンザから帰還したあとは
みんな元気に拍車がかかっていましたね。

日ごろの疲れをも
一緒にデトックスしてしまったんです。

ということで
インフルエンザは
薬を飲まない方が
すっきり治ります。

薬を飲まないと治らないなんて嘘です。

インフルエンザで亡くなるケースもありますが
これは言い方が悪いですが
元々危なかった人達ということです。

高齢や疾患があるなど。

乳幼児も重症化すると危ないと言われていますが
それも同じです。

現に生後1か月の娘も
1日で解熱しました。

人の治癒力、生命力というのは素晴らしいです。

もっと自分の体の治癒力を信じてみてはいかがでしょうか。

出産を機に予防接種の恐ろしさを知る


予防接種を打たない、とか
予防接種の危険性について記事にすると
削除されたり
保健所のホームページに飛ばされるといった
情報操作の手が入るらしいという噂を耳にしました。

世の中の情報の真実を知ると恐ろしいです。

この記事を読んでも
『そんなことあるもんか』と
国が言うことが正しいに決まっている、という人が9割以上だろうと思います。

それは日本の教育は
国がいうことが正しいと教えているからです。

私も薄々は感づいていましたが
真実に触れるまで40年かかりました。

予防接種の陰謀は諸説ありますが
人口を減らそうとしているとか?

まだ免疫力、抵抗力の低い0歳児に
『劇薬』と書かれた毒物を何本も何本も接種させる。

接種していないと保育園に入れません?

『かかりたくない人は予防接種をしているんですよね?』

『予防接種をしているからかからないんですよね?』

なのになぜ、していない人を受け入れないんでしょう(笑)

矛盾しているんですよね。

それから
例えば日本脳炎の発症ってどれくらいあるか知っていますか?

年間数人なんですよね。

ガンなんかより
ずっと低い。

予防接種を打ったから
かからなかったのではなく
元々かからない人のほうが圧倒的に多いのです。

そのために劇薬を体に入れるなんて
冷静に考えたらおかしいと思っています。

ここまでくると
【ケムトレイル】なんて知り始めたら
恐ろしくて世の中の情報操作が怖くなります。

実際のことは一般市民が知ることは出来ず
都市伝説的な要素があるので
私も言い切れない部分も多いのですが
体の感覚を一番に信じて生きようとしています。

自然に生きていきたいって
心から思っています。

国が絶対だなんて思わない

例えば、例えばですよ。

日本に住んでいると
年金を払うことが当たり前、と
教えられて育ちます。

でも、国のいうことを信じて誰かの下で
働いておとなしくしてくれる人が大半だから
日本は平和なんですね。

しかしここにきて
老後を迎えるまでに2,000万円
自分で貯めてください、というニュースが飛びこんできました。

これは国レベルのポンジスキームが
露呈されてしまったことになります。

ポンジスキームとは
最近でいえば
仮想通貨の投資話が分かりやすいかな。

いわゆるネズミ講。

ピラミッドの上の人だけが儲かるシステムで
新規の入会者が減って入会金(出資金)が無くなった時点で破錠。

これに習って考えると
日本の年金システムは事実上破錠間近ということになる。

私は20年ほど前には
『年金が払えなくなる時は国が破錠する時。
そんなのはあり得ないから年金は払え。』

と、ある大人に教えられたが
まさかこの時は破錠が宣告される時代がくるとは思ってもみなかったです。

しかしこの時に
最悪のシナリオを描けていた人は
しっかりポートフォリオを組んで備えてきたんです。

いわゆる収入の柱をバランスよく持つように
計画してきた人が勝ち組なんですね。

収入の柱を数本と
投資枠があると安心ですね。

【労働収入】では1本か2本くらいの柱しか持てません。

やはり経営や事業を持つことが大事です。

ここに気付いた人が勝ち組です。

誰かに雇われて
労働していると
あと数年で国に手放されないとも限りません。

特に家族をお持ちの方は
早めに対策を考えた方がいいですね。

添加物の恐ろしさを知る


子どもに食べさせるお菓子だから
安全だろう・・・

そんな考えは捨てた方がいいです。

今のスーパーは怖いです。

安くて美味しいものを提供するために
添加物がえげつないです。

代表的なものでいえば【ショートニング】ですね。

これ、元素記号にすると
プラスチックです。

虫も寄ってきません。

ですので腐りませんから
保存料としても最高ですし
味覚としては人間は美味しいと思うようです。

日ごろから食べていない私や
うちの子供達は『おいしくない』と判断しますが
慣れている人は美味しいと思ってしまうようです。

プラスチックを毎日食べていたら
どうなるかと想像したら怖いですね。

体への負担はどうだろう?

恐ろしいです。

ショートニングやマーガリンを
食べ物として口に入れるのって
人間だけなんですよね。

人間は自分たちの足で破滅に向かっています。

子どもには安全なものを食べさせたい


私は『無農薬の野菜と農薬だらけの野菜があったら
どちらを食べますか?』と説いて
無農薬を選んでいるだけなのですが
それではコストがかかります。

逆をいえば
コストを下げるために
農薬や添加物を使っているので
安全な食べ物は高いんです。

それでも安全な食べ物で子供を育ててあげたい。

だって答えはシンプル。

体は口から食べたもので出来ているから。

恐ろしい添加物で出来た身体と
自然に近いクリーンな食べ物で作られた身体が
同じ仕上がりになるとは思えません。

クリーンな食べ物は心まで変えられます。

そこで必要なのは
お金です。

持っているお金で買えるものを買うのではなくて
私は買いたいものを買える経済力を常に持っていたいです。

【おすすめ】無農薬野菜の宅配サービス

食生活を変えると
お子さんの性格にまで影響するかもしれません。

試す価値あります!!!

『味で選ぶなら
ミレーさん』


『コスパで選ぶなら
らでぃっしゅぼーやさん』


普段作っているお料理の味も変わりますので
試してみてくださいね。

言うほど高くもないです。

いいものを食べるようになると
心、健康、お金、人間関係、時間・・・

色々なことが変わってきます。

お試しあれ^^