【日記】長女が5歳になりました。娘が生まれた日のこと。

5歳のお誕生日おめでとう!

梅雨の時期に生まれた長女が5歳になりました。

生まれた日のことを昨日のことのように思い出せます。

出産のことはすぐに忘れる?なんて嘘です。

あんなに愛おしい気持ちになったのは初めてでしたから。

流産しかけたのに生まれてきてくれた子

長女を妊娠してすぐのこと。

スーパーから牛乳を含む食材の買い物の帰りに
なんだか荷物がとても重く感じました。

自宅に帰ってトイレに行くと出血していることに気付き、
土曜日だったため、すぐに病院を探します。

タクシーを呼んで産婦人科に到着。

『どうか無事でいて!』

そうお腹に言い聞かせます。

そして診察して結果は
『流産しかけている』
『安静に』
目の前が真っ白になります。

諦めちゃダメ!しがみついていて!

牛乳を持ったことを後悔しても仕方ないので、家族に連絡して安静にしている準備をします。

両親は初孫だと舞い上がっているので
流産するかもなんて聞いたら飛び上がって駆け付けてきました。

とにかく寝てるようにと言われ、じっとしていました。

とにかくお腹とおしゃべりしていたなぁ。

今思えばコロナの自粛生活の中で、娘と沢山おしゃべりした間隔に似ているなぁ。

余談ですが私の中では、コロナの自粛生活では良いことのほうが多かったです。

生まれてきてくれてありがとう

こんなこともありましたが出血も数日で収まり、無事に生まれてくれた娘。

今思えばお腹にいた時からグズグズしていたんだな(笑)

そんな娘は『HSC』というちょっと敏感な気質を持つ子供です。

いわゆる『育てにくい』といわれるタイプだと思いますが、かわいいです。

優しくて愛おしい子です。

5歳おめでとう!!!